FC2ブログ

娯楽と現実のハザマ2

勇気と無謀の違いを知らない、何をやっても駄目なつまらない人間、秋原孝太ことアキハラの書くブログです。ここ最近DQNじゃなくてただ単にゆとりなだけな気がしてきました(殴

アキハラリサーチ第四回「最初が肝心 ツヅラの迷宮攻略その1」

さて、意味のない前置きはスルーして早速本題です(ぉ
今回のテーマは・・・
風来のシレン3 からくり屋敷の眠り姫
「最初が肝心 ツヅラの迷宮攻略その1」

何回かツヅラを攻略して思ったこと、学習したことなどがどんどん増えていきました。
今回はそれらのまとめです。もちろん主観入りです。というか半分個人メモかもしれません(ぉぃ

モンスター編
・1Fには経験値3の熱属性モンスターが二体いる。豆山賊ホウセンムシ
・3F~5Fのおばけ大根に要注意。毒草を3回以上くらったらこの先の冒険に差し支える。
・4F~6Fに出てくる妖怪にぎり見習いは攻撃力が高いうえにHPも30ととても多い。
武器のみだと高い攻撃力に苦戦し、盾のみだと持久戦を覚悟しなければならないが経験値は13とやや高い。
・5F~7F?に出てくるヒーポフ。やつの能力でおにぎり、くさったおにぎりを焼きおにぎりにすればHP回復面で楽になるが大きいおにぎりや特製おにぎりなどを変えられたらまずいのでその場合は保存の壷に入れる、床に置くなどして対処。
・6Fから出てくるタトゥーバードケロぼうずはどちらも曲者。前者は高いHP+高い回避率+たまにダメージ半減+熱属性で痛恨を出す。後者は土属性で姿が見えない上に武具の修正値を下げる。サビよけの腕輪が楽な対処法だが・・・
・7Fから鬼面武者出現。レベル上げするならここがいいがここに出る敵はレベルを1上げたくらいでは大した経験値にならない。(はんにゃ武者75?、ホノオポフ100、リップルバード75、などなど)
・8F(9Fから?)よりゲイズ出現。何が何でも近寄らせないこと。同フロア辺りから出始めるかわしモグラにも注意。
・10Fよりくねくねハニー出現。レベルを下げられないように。
・11Fからあなほりタンク出現。白紙水がめコンボするならこいつ。
・12Fからマゼルン(低確率)、ケンゴウ出現。合成するチャンスだが逆に装備を失わないように。

アイテム編
・落ちている装備で一番バランスが良いのは剣:カタナ、盾:鉄甲の盾。ベースにするならそれらがオススメ。
ただし、店や浮島にはそれらよりいいものがあるかも。
・追撃の大斧or妖光のヤリ(前者はシレン、後者はアスカ専用。他のキャラが使うには要合成)が出たらチャンス!!一気に火力が上がります。
・保存の壷はあればあるほど良いがトドの盾がない場合はチャツボガエルに注意すること。
・変化の壷で壷が出ることはない。
・大砲の弾は高威力で通り道にあるワナも発動させるので万能。モンスターハウスにて効力を発揮するが自分が巻き込まれないように。また、爆発範囲にあるアイテムは消えることも覚えておこう。
・魔物部屋の巻物はアイテムと経験値稼ぎに最適だが使う場所を間違えたりすると悲惨な目にあう。
巻物の識別は部屋の入り口で。
・落ちているおにぎりはおにぎりとくさったおにぎりのみ。それ以外は店やおにぎりの巻物で調達しよう。おにぎりの巻物は呪われた装備をつけているときにも。ウザイ装備を大きいおにぎりに変える一石二鳥のチャンスだ。
・腕輪識別はリスクが高い。水グモならぬれた巻物大量生産。壁抜けは壁の中に入ると15ダメージ。爆発の腕輪は数ターン置きに大型地雷並みのダイバクハツ。たれながしの腕輪は持っているアイテムを時々床に落とすぞ。
・杖と札、どっちを選ぶ?確実性なら杖、モンスターハウスなどで大量の敵を相手にする場合は札をオススメする。ただし札は飛び道具なので命中率が、杖は回数制限があるので注意。
・受信の壷や送信の壷を使えばただの壷が手に入る。そのとき未識別なので識別するといい。
・まれにブフーの杖が出る。チャツボガエルやケンゴウ、マゼルンに振ればお得かもしれない。
・浮島にあるアイテムは隕鉄甲の盾など使えるものがあることが多い。ガイコツまどうの場所がえ、とびつきの杖、氷の巻物などでたどり着こう。
・トド狩りは余裕があるときに。アイアントドを狩るのをオススメ。

他に気をつけたいところもありますがそれらは次の機会にします(殴
では今回のまとめです。
1:とにかくレベルとHPが伸びにくいので序盤でのレベル上げとアイテム稼ぎが肝心。
2:フロアにとどまる作戦も有効だが満腹度が敵。
3:いかなる非常事態にも備え常に準備を万端にしておかないといざというときに対処できない
では、今回のリサーチはこの辺りで。まだまだわからないことも多いですがこれから解明していきたいと思います!(ぇ
スポンサーサイト




テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム

アキハラリサーチ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いつになったら・・・ | ホーム | ディアルガリの真の目的とは>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |