FC2ブログ

娯楽と現実のハザマ2

勇気と無謀の違いを知らない、何をやっても駄目なつまらない人間、秋原孝太ことアキハラの書くブログです。ここ最近DQNじゃなくてただ単にゆとりなだけな気がしてきました(殴

第4回アキハラゲーム大賞

アキハラ「皆様こんにちわ、毎年恒例のこの企画…今年はバーイスにございます『よってみ亭』で行います」
よってみ亭の亭主「何一人でぶつぶつつぶやいてんだい」
アキハラ「だってー去年もおととしもひどい目にあったんだもん、今年くらい一人でやりたい」
亭主「安心しろ、俺が連れてきてやった」
アキハラ「余計なことすんなー!!」
亭主「おーい、二人とも来い」
ガラガラガラ(よってみ亭の扉が開く音)
茶髪の若い女「あなたが…?」
髪が短い若い男「あんたが作者かぁ。よろしくな!」
アキハラ「何だ、この世界樹のメディック♂♀に似た二人は」
亭主「まーた忘れっぽい作者だなぁ。この二人こそFinal Panish3のメインキャラだろ?」
アキハラ「あぁ…2もまだ絶賛放置中なのに作り始めた3の…」
茶髪の若い女「ハート・バーナードです。よろしくお願いします」
髪が短い若い男「ソウル・ブルーマリンだ。あんたとは仲良くできそうだな!」
アキハラ「よろしく。去年の連中に比べたらだいぶましだな?」
ハート「本当は、私たちのいる世界はこのアルマス諸島もないの。世界がひどいことになってて…」
ソウル「だけどその中でも頑張る俺たちの活躍…数年後くらいに公開されるかもよ」
アキハラ「わかりやすい説明をありがとう、二人とも。ではいい加減始めるとしようか」
亭主「このアホが今年やったゲームは以下の通りだ。未クリアのものもあるぞ」

ニンテンドーDS
ドラゴンクエストⅥ
風来のシレン4
風来のシレン5
ポケットモンスターブラック
世界樹の迷宮Ⅲ
ロックマンエグゼOSS
すばらしきこのせかい
ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2

PSP
勇者のくせになまいきだ。:3D
モンスターハンターポータブル3rd
真・女神転生デビルサマナー
P3P
100万トンのバラバラ体験版

PS2
デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王

Wii
スーパーマリオギャラクシー2
ドラゴンクエストバトルロードビクトリー
毛糸のカービィ

携帯アプリ
風来のシレンMEGA
風来のシレンもののけノ巻
ロックマンエグゼPON

ソウル「こんな感じのようだな」
ハート「でもまだありそうですよね…?」
アキハラ「こまけぇこたぁいいんだよ!!それじゃあ賞発表するぞ」
亭主「何いらついているんだあんた」
アキハラ「あんたが余計なことするからってのもあるしさっきシレン5やってたら地底の館99Fでアビスドラゴンに焼却処分されたからってのもあるんだよ!!」
ソウル(…どうでもいい)
アキハラ「まずはこの賞!」

BGM賞
スーパーマリオギャラクシー2


ハート「1はやってないんですか?」
アキハラ「うむ、これにはちょっとしたエピソードがあってな。最初1を買おうと思ったんだがなかったから2にした」
亭主「探せよ」
アキハラ「さすがオーケストラ演奏、そしてアレンジも素晴らしいものばかりだった。難易度も、最初は無理だと思っても次第に力をつけられるのはさすが任天堂といったところか」
ソウル「なるほどな…。次は、おぉ、これか」

世界観賞
デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王


亭主「あんたが初めてクリアしたPS2ソフトだそうだが」
ソウル「ほかにクリアすべき物があると思うんだけど」
アキハラ「二人とも静かに。女神転生系列の作品では珍しく大正が舞台のこのゲーム、なかなか楽しめたぞ」
ハート「アクションと言うのもよかったみたい」

やりこみ賞
モンスターハンターポータブル3rd


アキハラ「相変わらずいろんな要素が詰まってるぜ」
ハート「でも今は元気に火山でピッケル振り回してるそうじゃないですか」
アキハラ「お前も何を言うか。お守りを集めたいがためにこもっていて何が悪い!」
亭主「悪いわ!!」

すれ違いたいで賞
風来のシレン5


ソウル「あれっ!?これ大賞じゃないのか?」
アキハラ「正直な話、今年はゲームが恵みの雨状態だった。だからどれを大賞にすべきか迷ったんだ」
亭主「しかしどうしてこのゲームが?」
アキハラ「いろんな人とすれ違える感覚がドラクエⅨのそれに似てたんだ。一番の理由がそれだ」

ストーリー賞
ポケットモンスターブラック


ハート「これがストーリー賞になった経緯って何ですか?」
アキハラ「まず、これまでのポケモンと違い女神転生臭がプンプンした。そしてさまざまな変更部分もあった上にあの伝説と戦うタイミングがああいった時だからな」
亭主「日本語でおk」

アイデア賞
毛糸のカービィ


アキハラ「毛糸と言うのが素晴らしいな」
ソウル「これクリアしてないのか?」
アキハラ「あぁ…残念ながら」
ハート「してからの方がいいと思う…」
亭主「さて、いよいよ大賞か」

大賞
すばらしきこのせかい

亭主「このゲームとは意外だったな?」
アキハラ「……BGM、世界観、ストーリー、システム、アイデア、すれ違い、やりこみ要素、どこを取っても隙がない今年プレイした中では完璧なゲームだった。まぁ、このゲーム自体は少し前のものだけど」
ソウル「現代の渋谷、かぁ…。俺も行ってみたいな」

まとめ

アキハラ「さっきも言ったけど、今年は神ゲーラッシュだったからどれが大賞になってもおかしくなかった」
亭主「それはよかった」
アキハラ「だから選ぶのには苦労したぞ。今年前半なんかシレン4か世界樹Ⅲが普通に大賞とるんじゃないかと思ってたしな」
ハート「ふーん…」
アキハラ「てなわけで今年のゲーム大賞はここまでだ!みんな、お疲れさm」
ソウル「…こんな自己満足企画、来ない方がよかったな」
アキハラ「!?」
ハート「元の世界に帰ります。きっと、二度と会うことは無いでしょう」
ソウル「あぁ…暇つぶしにはなったな、じゃあな」
アキハラ「文句言うなら金払え…って逃げるな!!」
ガラガラガラ(よってみ亭の扉が開く音)
亭主「…おい、この分の金はお前もちだろ?」
アキハラ「ちょ、あいつらいつの間にこんなに食ったんだよ!!それにそんな話してない!!」
亭主「65535ギタンだ、払え」

アキハラは高飛び草を飲んだ。
留置所に飛んだ。


警官「おとなしくそこで反省してろ」
アキハラ「とほほ…」

第四回アキハラゲーム大賞 完
スポンサーサイト




テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム

いろんなゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2010年…今年もいろいろあったな | ホーム | 一応の完成!?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |