FC2ブログ

娯楽と現実のハザマ2

勇気と無謀の違いを知らない、何をやっても駄目なつまらない人間、秋原孝太ことアキハラの書くブログです。ここ最近DQNじゃなくてただ単にゆとりなだけな気がしてきました(殴

日本列島を襲った大災害!!その時アキハラは…(中編)

昨日、おとといに比べ、余震の大きさも衰えてきました。
津波警報が注意報に、そして解除になった地域がどんどん増えていることが
ニュースを見ていてわかりましたし、
マグニチュードの値もどんどん減ってきています。
ですが数はまだまだ減っていません。
少なくともあと1月は続くと聞きましたし、
勢いこそ小さいものの数がまだ多いとなると不安で仕方ありません。

さすがにこういう精神状態が続くとノイローゼ気味になってしまいます。
…ニュースを観すぎたのかもしれません。
停電時は、確実で信頼できる情報がほしいと思い、ラジオに張り付いていました。
ネットもテレビも使えなかったですし。
しかし、ある程度情報が出そろい、続く災害を聞いたりするたびにショックは増えていくばかりでした。
ある時某氏のブログを読んだとき気づきました。
そうか、テレビを観すぎているせいだな、と。

ツイッターは私は利用していませんし、今後するつもりも全くありません。
ですが、こういう非常事態に役に立ったと聞いて、すごいと思いました。
が、デマ情報も多く氾濫していて、精神状態が不安定なときは危ないと思います。
何事もほどほどが一番なんですね。

ニュースは信頼できますし、何よりも確実な情報源です。これは間違いありません。
ですが、映像が流されたり、被害者増加のニュースを観るたびにショックを受けます。
これは仕方のないことだと思っています。
こうでもしないと、被災地の辛さが、自然の驚異が、伝わらないと…思いますから。
私も、情報を手に入れるたびに、そういったことを十分感じ取ってます。

私がネット上で知り合った方々は、みんな無事みたいで安心しています。
誰か、巻き込まれていないか心配で仕方ありませんでした。
心の中でほっとしています。

今地震が起きているのか、起きていないのか。
今揺れているのか、揺れていないのか。
今いる場所は安全なのか、安全でないのか。
続く余震を目の当たり(?)にすると、
こういう感覚まで麻痺してしまい、どうしていいのかわからなくなってしまいます。

…いつまでもショックを受けているわけにはいきません。
いつかどこかで立ち直らないと、いつまでもこのままになってしまいます。
なので、この特集記事は次回で最後にします。
スポンサーサイト




テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<日本列島を襲った大災害!!その時アキハラは…(後編) | ホーム | 日本列島を襲った大災害!!その時アキハラは…の巻(前編)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |